トップページ

地域福祉の推進方法に関する過去問ドリル


過去問を繰り返し解くのは、合格の王道です。
過去問を解くことによって、国家試験で何が求められているのかが見えてきます。
ただ、過去問を解くだけでは、なかなか合格ラインに達しません。
過去問を解くことによって約5割の力を身につけ、運が良いと6割以上の正答を導けるという感じだと思っています。
そこで、動画解説では、過去問の解説だけでなく、それを踏まえて、合格ラインとされている6割の正答ができるような解説も心掛けています。
なお、過去問の質問が古くなり、現状の法律等に対応できなくなっている部分は、現状の法律等に対応するように改問をしています。
まとまった時間のある方は、一気に視聴してもグット。
時間のない方は、隙間の時間を使って視聴し、有効に活用してください。
運も大事なので、忙しい皆さんに代わって、合格祈願もしておきました!


第23回第32問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
問題を解いてみて、確認が必要な方はご試聴ください。

【問題】地域住民の社会福祉についての理解や意識等に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1.「福祉活動参加指針」では、福祉活動への理解を深めるために幼少期からの福祉活動の体験や生涯を通じた福祉教育・学習の機会の提供が必要であるとされた。
2.「ゴールドプラン 21」では、地域生活支援体制の構築に向けて、 ボランティア活動や福祉教育、介護に対する理解の促進よりも、専門職の養成確保を優先すべきとした。
3.「 障害者に関する世論調査(平成29年8月調査)」(内閣府)によると、「障害のある人が身近で普通に生活しているのが当たり前だという考え方についてどう思うか」という質問に対して、「そう思う」と回答した人は、平成24年7月調査の結果よりも増加している。
4.学校教育法第31 条では、児童の体験的な学習活動、特にボランティア活動など社会奉仕体験活動、自然体験活動などの充実に努めることを位置づけ、社会福祉協議会との連携を規定している。
5.「地域福祉のあり方研究会報告書」では、障害及び障害者に関する国民理解を促進し、障害者への配慮等について国民の協力を得るために、啓発・広報活動や福祉教育を盛り込むことが重要であるとされた。




正解 1


第23回第35問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。




第23回第40問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
問題を解いてみて、確認が必要な方はご試聴ください。

【問題】事例を読んで、社会福祉士の活動に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
〔事例〕Z市では地域住民の参加のもとに、地域福祉計画を策定することになった。そこで事務局を担当することになった社会福祉士は、地域福祉のニーズを把握するために次のような活動を行った。
1.当該地域に関する既存の統計データについて、 K J 法を用いて再分析した。
2.子育て中の親に集まってもらい子育てニーズを把握するために、デルファイ法を用いて分析した。
3.医療・保健・福祉の専門家に対してアウトリーチ法を用いて、意見を集約した。
4.当事者団体など関係者に集まってもらい、自由面接法を用いてヒアリングを実施した。
5.地域住民から「自ら地区でアンケート調査をしたい」と相談があったので、調査の専門機関に任せるように助言した。



正解 4


第23回第41問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
問題を解いてみて、確認が必要な方はご試聴ください。

【問題】「地域包括ケア研究会報告書」にいう地域包括ケアに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1.地域包括ケアは、地域住民が中心となってつくる福祉システムであるので、医師や保健師はオブザーバーとして参加する。
2.地域包括ケアは、対人福祉サービスの供給システムであるので、居住環境整備の課題は含まれない。
3.地域包括ケアは、社会福祉基礎構造改革の論議を踏まえて、社会福祉法第4条に定められた地域福祉推進システムである。
4.地域包括ケアでは、その前提として自助・互助・共助・公助の役割分担と、互助としての家族及び地域の役割が重視される。
5.地域包括ケアは、ケアの継続性や包括性を重視し、緊急時の早期介入は別の仕組みで対応する。



正解 4


第24回第35問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。




第24回第36問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。




第24回第38問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。




第24回第40問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
問題を解いてみて、確認が必要な方はご試聴ください。

【問題】事例を読んで、J福祉活動専門員が状況を改善していくためにとる行動に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
〔事例〕W市では、知的障害者入所施設の利用者の地域移行を進めていたところ、地元の住民が共同生活援助(グループホーム)の設置に反対する運動を始めていた。
そこで施設の職員から相談を持ちかけられた社会福祉協議会のJ福祉活動専門員は、地域におけるコンフリクトの収拾をはかろうと活動を始めた。
1.J福祉活動専門員は、住民主体という原則を尊重すべきと考え、最終的には地域住民の判断に委ねるべきである、と施設側に伝えた。
2.地域住民の総論賛成、各論反対という利己的な姿勢や差別意織を非難し、住民側に認識を変えるよう働きかけた。
3.障害者の地域移行は市の障害福祉計画にも目標を定めていることから、行政が住民を説得すべきであると考え、地域住民にW市に掛け合うよう伝えた。
4.地域住民の障害者に対する理解を深める契機だととらえ、障害のある人が地域で暮らすことについて地元住民と話し合う機会を持つことにした。
5.こうしたコンフリクトは長引くことが想定できるため、施設側に別の場所での共同生活援助(グループホーム)の設置を勧めた。



正解 4


第24回第41問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第25回第32問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第25回第33問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料] 三省堂書店オンデマンド青弓社 東大病院精神科の30年 宇都宮病院事件・精神衛生法改正・処遇困難者専門病棟問題
価格:3240円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)



第25回第37問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第25回第41問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。




第26回第34問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第26回第38問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第26回第40問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第27回32問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第25回41問も地域包括ケアシステムをテーマにしています。合わせて視聴されると理解が深まります。


第27回34問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第27回37問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第27回39問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第29回35問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第29回36問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第29回41問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第30回33問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第30回39問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第30回40問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第31回32問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第31回38問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第31回39問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第31回40問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



第31回41問の過去問を題材にしたドリルの動画です。
ご試聴ください。



inserted by FC2 system