トップページ

成年後見制度

ソーシャルワーカーバッチ

ここでは、成年後見制度を見ていきます。


第23回第72問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、保佐人の権限になります。
クリックしてご試聴ください。
第23回第72問の過去問ドリル動画


事例を読んで、次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
〔事例〕Hさんは 1 年前に夫を亡くしてから物忘れが見られるようになり、 日常生活自立支援事業を利用して一人暮らしを続けてきたが、最近、判断能力が著しく低下し、成年後見制度の利用が必要となった。
選択肢 Hさんが別荘を建てるために所有している土地を売却することになった場合、保佐人がこれを代理するためには、保佐開始の審判とは別に、この土地を売却するための代理権の付与についても審判を受ける必要がある。
以下、略


第23回第73問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、任意後見契約になります。
クリックしてご試聴ください。
第23回第73問の過去問ドリル動画


事例を読んで、次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
〔事例〕J さん (63歳)は、仕事中に脳梗塞で倒れ、近くの救急病院に運ばれた。
幸い意識を回復し、後遺症も残らなかったが、J さんは後々のことも考えて、任意後見契約を締結することにした。
選択肢 J さんが任意後見契約を締結するには、公正証書の作成が必要である。
以下、略


第24回第74問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、後見人の責務になります。
クリックしてご試聴ください。
第24回第74問の過去問ドリル動画


後見人の責務に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
選択肢 未成年後見人は、被後見人に対する事務を遂行するに当たっては、善良な管理者としての注意義務を負う。
以下、略


第25回第80問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、保佐人の権限と職務になります。
クリックしてご試聴ください。
第25回第80問の過去問ドリル動画


保佐人の権限及び職務に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
選択肢 家庭裁判所は、必要があると認めるときは、被保佐人、その親族若しくは保佐人の請求により又は職権で保佐監督人を選任することができる。
以下、略

Tweet

inserted by FC2 system