トップページ

生活保護の中の自立支援プログラムの意義と内容

ソーシャルワーカーバッチ

ここでは、生活保護の中の自立支援プログラムの意義と内容を見ていきます。


第23回第60問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、生活保護の自立支援プログラムになります。
クリックしてご試聴ください。
第23回第60問の過去問ドリル動画


生活保護における自立支援プログラムに関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
自立支援プログラムの支援対象は、被保護者である。
以下、略


第24回第61問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、生活保護の自立支援プログラムになります。
クリックしてご試聴ください。
第24回第61問の過去問ドリル動画


事例を読んで、次の記述のうち、生活保護を受給しているEさんに対する自立支援プログラムに基づく支援として、最も適切なものを一つ選びなさい。
〔事例〕Eさん(39歳)は、自動車工場の製造ラインで派遣社員として働いていた。
しかし、いわゆる「派遣切り」で職場と住居を失い、ワンストップサービスの相談窓口を介して生活保護の受給に至った。
Eさんは、以前に痛めた腰痛が再発して医療機関を受診しており、すぐに仕事を探すことには拒否的な様子がみられた。
Eさんの実情を把握し、個別支援プログラムを選定して説明する。
以下、略


第25回第68問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、自立支援プログラムによる就労支援の進め方になります。
クリックしてご試聴ください。
第25回第68問の過去問ドリル動画


事例を読んで、自立支援プログラムによる就労支援の進め方に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕雇用先から解雇されたBさんは、就職先がなかなか見つからず生活に困窮したことから、生活保護の申請をすることになった。
生活保護が開始されて間もなく担当ケースワーカーから自立支援プログラムを使って就労自立を目指すことがBさんに対して提案された。
Bさんの就労支援は、就労自立に向けて必要な場合には、日常生活自立や社会生活自立のための支援も行われる。
以下、略

Tweet

inserted by FC2 system