トップページ

生活保護法の目的、基本原理、保護の原則

ソーシャルワーカーバッチ

ここでは、生活保護法の目的、基本原理、保護の原則を見ていきます。


第23回第58問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、生活保護法における基本原理及び基本原則になります。
クリックしてご試聴ください。
第23回第58問の過去問ドリル動画


生活保護法における基本原理及び基本原則に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
選択肢 法第7条は、要保護者、その扶養義務者又はその他の同居の親族の申請に基づいて保護を開始するとしている。
以下、略


第24回第58問の過去問を題材にしたドリルの動画です。テーマは、生活保護の補足性の原理になります。
クリックしてご試聴ください。
第24回第58問の過去問ドリル動画


事例を読んで、保護申請時における生活保護の補足性の原理に基づく制度運用に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
〔事例〕Bさん(52歳、女性)は、間もなく卒業を迎える高校3年生の長男D君と自宅に二人で暮らしている。
夫Cさんは2年前に脳梗塞を発症し、その後も入退院を繰り返し現在は入院中である。
最近になって、Bさん自身の体調が思わしくなく、仕事を休みがちになり収入も減少してきたため、生活保護を申請することになった。
選択肢 Cさんの自宅が持ち家の場合、保有している方が世帯の自立に役立つ場合には、処分しなくても生活保護を受給できる。
以下、略


Tweet

inserted by FC2 system